このエントリーをはてなブックマークに追加

ピンクリボン

主婦層向けフリーペーパーを発行する地域新聞社。女性の健康を守るCSR活動を行っております。

<ピンクリボン運動とは>
乳がんについての正しい知識を多くの人に知って頂き、その結果乳がんから引き起こされる悲しみから一人でも多くの人を守る活動です。
出典: 認定NPO法人 J.POSH 事務局

10月11日発行
10年目のピンクリボン運動応援号



毎年10月に発行しているピンクリボン運動応援号は今年で10年目。
今年は「つながれ!思い」をテーマに、関わっていただいたたくさんの人たちとの思いをつないでいけるよう「私にできること」を考えるきっかけになる号になっています。


ピンクリボン


【ピンクリボン運動応援号コンテンツ】
・家族が乳がんになったときに何ができる? を考える「家族が乳がんそのとき、どうする?」
・私にできることを考える「検診ホリデー」
・私にできる一番身近なセルフチェックの方法を知る「乳がん基本のキ」
・「ちいき新聞」が伝えたいこと「乳がんの知識と検診の大切さ」
・万が一に備えておきたい「乳がんと保険」
・心を軽くしてくれる「医療用ウィッグのすすめ」

記事の詳細はこちらからご覧ください
ピンクリボン運動応援! 乳がんについて知ろう



【延期のご報告とお詫び】 10/12(土)・10/13(日)乳がん検診イベント

下記の通り予定されておりました乳がん検診イベントですが、
台風19号が関東地方に接近しているため、延期させていただくことになりました。

当日検診枠のご来場を予定されていた方々、イベントを楽しみにされていた方々には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何とぞご理解ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。
なお、ご予約確定済みでした方々には、すでにメールにて日程調整のお願いをお送りしておりますのでご確認いただけますよう、お願い申し上げます。

■10/12(土)
・イオンモール幕張新都心
・流山おおたかの森駅 南口都市広場

■10/13(日)
・牧の原モア


【代替え日のご報告】※各会場、乳がん検診の当日受付枠は、先着で20名様までとさせていただきます。
・牧の原モア→11月3日(日)
・イオンモール幕張新都心→11月17日(日)
・流山おおたかの森駅 南口都市広場→11月30日(土)

※各会場10時から当日枠の受付を開始させていただきます。
※10時より前の受付はございませんので、ご了承願います。

何かご質問などがございましたら、
以下のアドレスまでご連絡ください。
pinkribbon@chiikinews.co.jp

ピンクリボンプロジェクト2019一同

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
株式会社地域新聞社
ピンクリボンプロジェクトチーム
pinkribbon@chiikinews.co.jp

〒276-0020 千葉県八千代市勝田台北1-11-16 5F
担当:井上 えりか
※乳がん検診に関するお問い合わせは、井上までお願いいたします。
TEL:047-481-5567
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

ピンクリボン運動10周年記念事業
10会場での乳がん検診イベント開催を目指した
クラウドファンディングで、目標の350万円達成


クラウドファンディングのご支援により、10ヵ所での開催が決まりました!
合計700名の方に受診いただけるよう、
紙面から事前の抽選申込みを受け付けております。
また当日受け付けも、各会場先着20名様分ございますので、
ぜひお気軽にお越しください。

開催会場と日程

・10/12(土)イオンモール幕張新都心(マンモグラフィー)
 ファミリーモール バスターミナル並びの駐車場付近
 ※台風の影響で、11月17日(日)に延期しました
 ※イベント当日の連絡先:080-4753-4967(根本)

・10/12(土)流山おおたかの森駅 南口都市広場(乳腺エコー)
 流山おおたかの森駅 南口都市広場
 ※台風の影響で、11月30日(土)に延期しました
 ※イベント当日の連絡先:080-4632-1451(川上)

・10/13(日)牧の原モア(マンモグラフィー)
 駐車場(マクドナルド横)
 ※台風の影響で、11月3日(日)に延期しました
 ※イベント当日の連絡先:080-4632-7625(井上)

・10/19(土)イトーヨーカドー三郷店(マンモグラフィー)
 スーパービバホーム側入り口
 ※イベント当日の連絡先:080-4631-7207(山田)

・10/26(土)イオンモール津田沼(マンモグラフィー)
 正面入り口 駐輪場横
 ※イベント当日の連絡先:080-4632-1468(山川)

・10/26(土)ユニモちはら台(マンモグラフィー)
 D駐車場側 駐輪場
 ※イベント当日の連絡先:070-2292-5146(鳥居)

・11/9(土)イオン鎌ヶ谷(マンモグラフィー)
 市役所側入り口駐輪場
 ※イベント当日の連絡先:070-2292-5140(若林)

・11/9(土)イオンモール八千代緑が丘(乳腺エコー)
 受付:2Fローズ広場
 2Fローズ広場出口付近の駐車場
 ※イベント当日の連絡先:070-2286-9650(廣田)

・11/10(日)イオンモール柏(マンモグラフィー)
 レストラン南側出入口前駐車場
 ※イベント当日の連絡先:070-2286-9630(宮澤)

・11/16(土)セブンパークアリオ柏(マンモグラフィー)
 スマイル</パーク内
 ※イベント当日の連絡先:080-4632-1451(川上)

 

検診当日について

■検診の種類:マンモグラフィー検診(検診料3,000円 ※当日現金払い)

■検診対象者:おおむね30歳以上の女性

【次の方は対象になりません】
妊娠・授乳中の方/豊胸術を受けたことのある方(シリコンパック、注射による注入も含む)/ペースメーカーなどが入っている方/以前の検査で「マンモグラフィー不適」などの判定を受けている方/すでにしこりのある方(早期に医療機関を受診し、必要な検査を受けましょう)/乳腺症などを治療中の方

■検診の種類:乳腺エコー(超音波)検診(検診料2,000円 ※当日現金払い)
■検診対象者:おおむね18歳以上の女性 ※授乳中でも受診可能ですが、ご自身でタオル、ビニール袋などをご持参ください

【次の方は対象になりません】
妊娠中の方/ペースメーカーなどが入っている方/乳腺症などを治療中の方

※小さなお子様をお連れ頂いてもかまいません。
検診中は会場スタッフがお預かりすることも可能です。(保育専門スタッフではありませんのでご了承ください。)

 

お問い合わせ

======================================
株式会社地域新聞社
ピンクリボンプロジェクトチーム

〒276-0020 千葉県八千代市勝田台北1-11-16 5F
担当:井上 えりか
TEL:047-481-5567
======================================

<<<クラウドファンディング達成のプレスリリースはこちら>>>

ピンクリボン10周年

ご協力企業様

LINER広告社

乳がん検診イベントについて

ちいき新聞のメイン読者である女性主婦の人たちです。
そんな読者の中から1人でも多くの女性に乳がん検診と早期発見の大切さを知ってもらいたいと願い、紙面での乳がん検診特集に加え、2012年から乳がん検診を気軽に行ってもらうためのイベントを続けています。

過去のイベントについて

イベントの様子 2018年10月


過去のイベント

過去のイベント一覧はこちら >>

2018年も「ちいき新聞」の紙面で、ピンクリボン応援号を実施しました

2018年10月12日号のちいき新聞で、乳がん検診を促すため「ピンクリボン応援号」を発行しました。
「ピンクリボン応援号」紙面イメージはこちら
「ピンクリボン応援号」内の広告特集のご案内はこちら
自分のために、家族のために
乳がんで失った胸を取り戻す

知ろう、胸の内 経験者インタビュー

ちいき新聞2017年10月13日号で掲載した、乳がん経験者の皆さんのインタビューを紹介します。

地域新聞社オリジナルムービー

~知ってほしい乳がん検診の大切さ~「ママへのラブレター」

乳がん検診啓蒙に関する記事

  • 知って下さい、乳がん検診の大切さ

    知って下さい
    乳がん検診の大切さ

  • 乳房の異変に早く気づくためにセルフチェック

    乳房の異変に早く気づくためにセルフチェックを

  • 受けていますか?自治体での乳がん検診

    受けていますか?
    自治体での乳がん検診

  • 「乳がん検診」体験レポート

    「乳がん検診」
    体験レポート

  • みんな、どう思ってるの

    みんな、どう思ってるの?

  • 過去のイベント一覧

    過去のイベント一覧

もっと知ろう! 乳がんがよく分かるWEBサイト
より分かりやすく乳がんについて解説!
興味のある方はぜひご覧ください。

乳がんをなくす ほほえみ基金

「乳がんをなくす ほほえみ基金」は、乳がん征圧のために設けられた基金です。
ほほえみ基金の使途は、乳がん検診機器の整備に加えて、患者・治癒者のグループの活動支援、広報活動、がん相談、検診技術者の研修など、乳がん征圧に向けて幅広く使われています。詳しくは、「ほほえみ基金」のホームページをご覧ください。



増え続けるがん。早期発見なら90%が治癒します。
ページトップへ戻る