乳がんはどんな人でもかかりうる病気。でも、乳がんになりやすい人にはいくつかの傾向があるのも事実です。当てはまる人は、自分の身を守るためにも積極的に検診を受けるようにしましょう。

初潮が早い人、閉経が遅い人、未婚・未産、あるいは子供がすくない人、第一子出産年齢が30歳以上の人、肥満の人、家族に乳がんになったことがある人、以前に検査で病変が発見された人、どちらかの乳房が、がんになったことがある人

乳房の異常に早く気付くために
月1回はセルフチェックを

セルフチェックは毎月1回行うのが基本。月経開始1週間後くらいが乳腺がもっとも軟らかく、しこりを発見しやすいので◎です。閉経後であれば、「毎月○日」と日を決めて行うと良いでしょう。日ごろから自分の乳房に触っていれば、異常にいち早く気付くことができます。異常を見つけたらすぐに乳腺外来を受診しましょう。
もちろんセルフチェックだけで万全というわけではありません。定期的な検診と毎月1回のセルフチェックを組み合わせて、乳がんの早期発見に努めましょう!

鏡の前で形をチェック→全体をくまなく触る→分泌物がないかチェック