よくある質問
お問い合わせ
メルマガ購読
無料ダウンロード 新型コロナウイルス感染症対策 すぐに使える!店舗応援POP

サービスを探す

会社情報

投資・IR情報

お役立ち

免責事項 個人情報の保護について
ソーシャルメディアガイドライン サイトマップ
このエントリーをはてなブックマークに追加

3カ月ほどたったあたりから爆発的に反響が増えました。

お客様名 ベーカリーハレビノ
業種 飲食
サービス 紙面広告
住所 千葉県柏市中央2丁目11−13
ホームページ http://www.harevino.com/

掲載広告

発行号 2016年1月8日号
広告サイズ 3段1/2(126mm x 102mm)
掲載エリア 柏西版、柏中央版

効果についてのコメント

反響は2版あわせて120枚です。クーポン特集などになると200~400枚を超えてきます。

ベーカリーハレビノ掲載広告

お店の商圏に合わせた販促。

ベーカリーハレビノの画像

Q1.ちいき新聞を使ってみようと思ったきっかけは?

「家の近所にパン屋があると嬉しくないですか?日常使いしてもらいたいという思いがあり、「地域密着」を大事にし、2014年に柏市にオープンしました。色々な媒体で販促活動をしましたが、お店の商圏に合わせた販促ができ、「地域密着」のコンセプトとマッチしているのは「ちいき新聞」だなと感じました。その後、去年の9月あたりから定期的に利用しています。特にクーポン特集を中心に、「農家サンドイッチ」という柏市の野菜を使ったメニューのPRをたくさんしています。これから2周年記念のキャンペーンの宣伝もお願いしようと思っていて、営業さんとお話しているところです。」

最近では400枚以上のクーポンの回収があります。

Q2.実際にちいき新聞を利用してみての反応は?

「実は、初めは「すごく反響がある」という感じではありませんでした。他の媒体とそんなに変わらないかなという印象です。クーポン特集への掲載を継続して行い、3カ月ほどたったあたりから爆発的に反響が増えました。継続して販促していくことの良さを実感しました。その後、掲載エリアも少し増やし、より色々なところへ宣伝をするようになりました。その甲斐あって、最近では400枚以上のクーポンの回収があります。今後も継続的に利用していく予定です。」

「第1回柏の葉パンフェスタ2016」というイベントを主催。

ベーカリーハレビノの画像

Q3.今後は、どんな目標で進んでいきますか?

「「パンの持つパワー」をもっと引き出していきたいです。先日「第1回柏の葉パンフェスタ2016」というイベントを主催しました。柏市内外に点在しているいくつかのパン屋さんを1か所に集めたことで、1万人以上の集客がありました。そのあとの集客につながっているかどうか、というところをこれから検証していきます。今後ますますパンの需要は増えていくと思います。ただ食べ物を提供するだけでなく、「どんな場所、どんな雰囲気で食べるのか」というところまで、大事にしていきたいと思っています。そのことを知っていただくためにも、「ちいき新聞」さんにはまたいろいろとお世話になると思います。よろしくお願いします。」

<< 事例TOPに戻る

関連のある事例

ページトップへ戻る