サービスを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

町田のブルーベリー園を広めたくてショッパーに。

お客様名 井上農園
業種 くらし
サービス 紙面広告
住所 東京都町田市鶴間5-12-38
ホームページ http://www.inouefarm.com/

掲載広告

発行号 2017/6/30号
広告サイズ 2段1/4サイズ(62mm × 67mm)
掲載エリア 町田相模原版

効果についてのコメント

2016年は夏休み特集で、2017年は他2園のブルーベリー園と合同で出稿し、満足のいく集客数があった。

井上農園掲載広告

反響が無く頭を悩ませていたところ、タイミングよく声を掛けてくれた。

反響が無く頭を悩ませていたところ、タイミングよく声を掛けてくれた。

「2010年にブルーベリー園を始めました。はじめはチラシを配ったりあちこちに置いてもらったりしていましたが、浸透するどころか、近所の人さえ知らなかったようで。とりあえず某タウン紙に広告を出してみましたがまったく反響が無く、頭を悩ませていたところ、タイミングよくショッパーの方が声を掛けてくれたんです。ショッパーは自分も以前から知っていて、親しみのある媒体でした。読者の中心が女性ということと、配布エリアも広く、多くの人に知ってもらえるのではと思い広告を出してみることにしたんです」

夏休み特集と絡めてショッパーに掲載

Q2.実際にショッパーを利用してみての反応は?

「ブルーベリーの摘み取りができるのは夏の短い期間なんですが、ちょうどショッパーの『夏休み特集』とタイミングが合い、記事と広告で紹介してもらいました。ショッパーは広告だけではなく、記事があってさまざまな情報が載っている。そういうところにも魅力を感じましたね。反響はありました。問い合わせも多かったです。うちは野菜収穫の体験もできるので、子どもにやらせてあげたいという親子にも多く来てもらえて、集客の方法としては良かったと思います。翌年も広告を出しました。ショッパーで町田市にあるブルーベリー園を集めて特集を組んでくれたんです。相乗効果で、より多くの方に見てもらえたのではないでしょうか」

町田をブルーベリーの郷にしたい。

Q3.今後は、どんな目標で進んでいきますか?

「ショッパーに広告を出したことで、当初の目的だった『広く多くの人に知ってもらう』が達成できました。HPは都内や遠方の方が、ショッパーのようなタウン紙は地元の幅広い層が見てくれる、という印象を受けましたね。2年続けて広告を出したことで、町田にブルーベリー園が複数存在するということを知ってもらえたと思います。リピーターも確実に増えました。実はブルーベリーの栽培面積は、東京都が日本一なんですよ。今後も町田をブルーベリーの郷としてPRしていけたらと思います」

<< 事例TOPに戻る

関連のある事例

ページトップへ戻る