サービスを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

初年度にはかなりの告知ができ、店舗を広く知ってもらえた。

お客様名 おふろの王様 町田店
業種 くらし
サービス 紙面広告
住所 神奈川県相模原市南区鵜野森1-24-9
ホームページ https://www.ousama2603.com/shop/machida/

掲載広告

発行号 2017/3/17号
広告サイズ 全2段(254mm x 67mm)
掲載エリア 町田相模原版

効果についてのコメント

初年度に比べると少しずつ反響は落ちていますが、回数券キャンペーンの告知を繰り返すことで、読者の頭にインプットされて、それが集客につながっているようです。毎回、回数券の割引と入館料の割引を付けており、それを楽しみにしている常連客もいます。温浴施設の広告はあまり多くないので、紙面ではかなり目立つ広告になっているのではないでしょうか。

おふろの王様掲載広告

地元に強いタウン紙であることが最大のポイント。

おふろの王様の画像

Q1.ショッパーを使ってみようと思ったきっかけは?

「3年前に開店するときに、町田店の販促に使える媒体にはどんなものがあるかを調べてみたところ、スタッフやお客様からショッパーの名前が挙がりました。オープン時は新聞折込をやることに決めていましたが、まずは記事を書いてくれるということで、ショッパーも試してみることにしました。新聞折込の反響は今ひとつでしたが、ショッパーの記事は反響がよく、思った以上に集客することができました。その後、もっと町田店を告知をして店舗のある場所を知ってもらいたいと思い、広告も考えることに。町田駅周辺から集客をしたいと考えていたので、地元周辺に強いタウン紙であることが最大のポイントになりました」

クーポンは最高で約300枚の戻りがありました。

おふろの王様の画像

Q2.広告を掲載してみて反響はどうでしたか?

「姉妹店の相模原店が近隣にあるので、告知については両店で商圏を上手く分けられるようにと、回数券キャンペーンの広告を出すことにしました。3年間に7回広告を出し続けており、毎回、両店で利用できる割引クーポンを付けています。クーポンの反響は最高で約300枚の戻りがありました。初年度にはかなりの告知ができ、店舗を広く知ってもらえたかと。他の媒体を利用してみたこともありますが、ショッパーが一番反響が良かったと思います。しかし、昨年に相模原店が閉店してしまい、単独で広告を出しましたが、反響はあまりよくなかった感じです。今回は無料送迎バスのチラシを初めて配布しましたが、配られていない、見ていないというお客様もいらっしゃいました」

3年間広告を続けてきたことで、店舗の周知はだいぶできた。

Q3.今後はどんな目標で営業していきますか?

「3年間広告を続けてきたことで、店舗の周知はだいぶできたかと思っていますし、その効果、手応えも感じています。現在は町田での集客がメーンで、町田駅、相模大野駅、古淵駅から送迎バスを運行しています。今回の無料送迎バスの試運行については、利用状況に合わせてルートや運行回数を変更してみようと思っています。カラフルで派手なラッピングバスを走らせることも、かなり宣伝になっているため、バスは継続する予定です。今後の店舗の宣伝や販促については、瀬谷店との合同企画を考えていく予定です」

<< 事例TOPに戻る

関連のある事例

ページトップへ戻る