ネットを見て来られたお客様とは明らかに違う客層の方が一気に増えました。

お客様名 ステーキ食堂
業種 飲食
サービス 紙面広告
住所 神奈川県相模原市中央区矢部2-15-10

掲載広告

発行号 2017年11月24日号
広告サイズ 企画枠(62mm × 102mm)
掲載エリア 相模原中央版

効果についてのコメント

飲食店の特集で初めて広告を利用。クーポンの戻りは28枚(有効期間は約1ヵ月)。クーポン1枚をだいたい複数名で利用。普段見ないお客様も増え、実際にショッパーを見て来店していただいたお客様は80名以上と推測。肉料理特集では記事掲載もあり、「ぐるナビ」ほかネット経由とは明らかに違う層のお客様が一気に増えている。

ステーキ食堂掲載広告

オープン時には販促は考えていなかったんです。

ステーキ食堂外観

Q1.ショッパーを使ってみようと思ったきっかけは?

「もともと日野市に住んでいたので、ショッパーの存在は知っていましたが、オープン時には販促は考えていなかったんです。 国道16号を走る車から店が見えるので、気になって来てみたという方も多く、様子を伺いながら営業していました。その後、ショッパーさんから取材の依頼があり、その際にせっかくだから、一度広告も利用してみようという話になりました。タイミングの問題で広告の掲載が先になったのですが(笑)、反響が結構良かったんですよ」

ショッパーを見て来店されたお客様は80名を超えていたようです。

ステーキ食堂店内の画像

Q2.実際にショッパーを利用してみた反応は?

「11月24日号の『味だより』という飲食店の特集(相模原中央版)で初めて広告を利用したのですが、その時はクーポンが28枚戻ってきました。 矢部周辺だけでなく、町田などからのお客様も含め、だいたい複数名でご利用いただいたので、実際にはショッパーを見て来店されたお客様は80名を超えていたようです。 また、2月に記事の肉料理特集で当店のステーキを取り上げていただいたことも影響したのか、ぐるナビなどのネットを見て来られたお客様とは明らかに違う客層の方が一気に増えました。4月にはチラシの作成、印刷、折込をお願いしています」

少し上の世代の方にアプローチするための重要な役割を期待しています。

ステーキ食堂メニューの画像

Q3.今後は、どんな目標で進んでいきますか?

「ショッパーにはWEBでお店を探す方よりも少し上の世代の方にアプローチするという重要な役割を期待しています。 世代を超えておいしいお肉を食べていただくため、『気軽においしいお肉、ステーキをおなかいっぱい食べていただく“街の食堂”』をコンセプトに、他のステーキハウスとは一線を画した店として、地元の矢部に根付きながらやっていきます。年内には2号店を出すプランもあり、将来的には相模原のほかに町田や、国道16号を北上して八王子、日野あたりにも支店を出していきたいですね」

<< 事例TOPに戻る

関連のある事例