サービスを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

売上が伸びており、私自身も昇格することができました。

お客様名 旭鮨
町田小田急スカイタウン店
業種 飲食
サービス 紙面広告
住所 東京都町田市原町田6-12-20小田急百貨店町田店9F
ホームページ http://www.asahizushi.com/

掲載広告

発行号 2018年3月23日号
広告サイズ 3段1/2(126×102)

効果についてのコメント

春の季節限定メニューに合わせて広告を掲載しました。 ちょうど「さくら特集」があり、季節感のある広告になりました。クーポンの回収も順調です。

旭鮨 町田小田急スカイタウン店掲載広告

町田で地域の方々に宣伝をするならタウン紙のショッパーで。

Q1.ショッパーを使ってみようと思ったきっかけは?

「上司がショッパーを知っており、町田で地域の方々に宣伝をするなら、タウン紙のショッパーに広告を掲載してみてはと勧められたことがきっかけです。 町田で40年以上発行し続けている、地域に根付いた情報紙であることと、読者層がマッチしているので広告の反響に期待が持てることが決め手になりました。 実際に提案された飲食店限定のフォーマット広告は、低価格で始めやすかったです。丁寧な媒体説明を受けたことも好印象で、さまざまな特集資料の案内もあったので、販促方法を考えることも楽しみになりました。」

単発の広告よりも継続して広告を出し続けることが大事。

Q2.掲載を継続する理由は?

「もちろん反響があり集客もできているからですが、それだけではなく、単発の広告よりも継続して広告を出し続けることが大事だと考えるからです。 「創業90周年」での広告にはかなりの反響があり、より多くの町田の地域の方々に知っていただける機会となりました。 月に1、2回の広告掲載を続けていますが、反響は良い時ばかりではなく、悪い時もあります。 次回はどのようにPRするかを考えたり、時期によってクーポンを変えたりと、試行錯誤しています。 先日は創業91周年記念のキャンペーンを掲載しました。 今後も集客につながるようなメニューやクーポンを考え続けます」

いろいろと工夫を盛り込みながらPRできれば。

Q3.今後は、どんな目標で進んでいきますか?

「今後もショッパーに広告を掲載し、小田急線沿線地域にも商圏エリアを広げて、集客していきたいと考えています。 月1回のフォーマット広告や特集等を利用しながら、広告掲載を続けていきます。 クーポンを付けるだけではなく、いろいろと工夫を盛り込みながらPRできればと思っています。 町田店は売上が伸びており、私自身も昇格することができました。 現在は他の店舗も任されているので、今後はショッパーの紙面を使ってさらに何かできないかを考えていきたいです。LINE@も有効活用し、販促につなげていければと思っています」

<< 事例TOPに戻る

関連のある事例

ページトップへ戻る