CSR全文

事業全てをCSR活動に

CSR方針
全ての事業を、持続可能で豊かな社会づくりにつなげる

企業市民としての役割
地域社会の繋がりを強固にするために必要な「情報インフラ」を構築することこそが、弊社の重要な社会的役割です。1件1件のお宅のポストへ毎週お届けし続け、1人でも多くの方へ、平等に生活範囲内の地域情報を届ける仕組みを提供す事する事業が、弊社のCSR活動そのものだと考えております。

ちいき新聞配布エリア内の生活者にとって、世界一役立つの情報を届ける役割を果たす。

ちいき新聞インフラが与える影響

少子高齢化、孤立死問題、子育て問題、空き家問題、商店街の衰退など、日本が抱える社会問題は山積しています。しかし、先に述べた問題は「地域コミュニティー」の力で解決できる可能性が多く含まれているのではないかと考えています。

 

私たちがお届けしている地域情報誌「ちいき新聞」は、エリアの中心から自転車で15分くらいの範囲、つまり普段すぐに行ける距離のお宅のポストへ、1つの情報紙を1件1件手配りでお配りしています。3万~4万世帯を1つの配布エリアにし、千葉・埼玉県内で55エリアそれぞれに合わせた、ご近所独自の地域情報を編集し読者に届けます。その小さな小さな生活範囲にあわせた最適な情報を届けることこそ、これから必要とされる地域コミュニティーを活発にさせることに必要な社会基盤=インフラになるのではないでしょうか?

人の役に立つの実践

「人の役に立つ」。この弊社企業理念の実践こそが、一番大事な事業活動です。人は他人のために役立つことができることこそ、自分からも周りの人からも自分の存在を認められれ、生まれてきたことにたいする喜びを感じられれます。

 

最終的にはこの想いが読者にも伝播し、人が人のために支えあう精神をより一層高め合うきっかけにを増やせるよう、日々精進して事業を前に進めて参ります。

2015年6月 吉日
代表取締役近間之文

チイコミからのお知らせ

チイコミ!
より今週のちいき新聞

チイコミ!
よりプレゼントコーナー